大特集☆Webアプリケーション開発ツール

TOP > Webアプリケーション開発ツールとは > Webアプリケーション開発ツールとバグに関するメリット

Webアプリケーション開発ツールとバグに関するメリット

 Webアプリケーションを使用してみますと、たまにバグが見つかる事もあります。
バグの内容によっては、アプリケーションを使用するのに支障が生じてしまうので、大変困ります。
バグの原因は色々あって、例えばソースコードに関するミスです。
Webアプリケーションはソースコードという特殊な言語によって作られていますが、人的ミスが発生する事がたまにあります。
入力ミスなどにより、バグが発生するケースは多いです。
もしもバグが見つかった時は、開発者側としては速やかに対処する必要があります。
Webゲームなどは、たまに緊急メンテナンスが行われる事もありますが、その一因はバグです。
速やかにバグを直す必要があって、やむを得ず緊急にメンテを行う訳です。
ゲームのプレイヤーを待たせない為にも、速やかに修正するのが望ましいです。

 ところでバグをスムーズに修正したい時は、Webアプリケーション開発ツールを使用する方が便利です。
ソースコードのバグの責任者を特定しやすいからです。
そもそもアプリケーションを開発する際には、担当者が複数名で作業する事があります。
それだけにバグの責任者を特定するのが、少々難しい事があります。
手作業で開発を進めていると、誰がバグを引き起こしたか分かりづらくなってしまい、修正に時間を要してしまう事も多いです。
それではユーザーを長時間待たせる事になってしまいます。
その点開発ツールを使用しておけば、責任の所在も特定しやすいです。
そのツールでソースコードを作っておけば、誰がコードを書いたかも把握できますから、スムーズにバグを解消しやすくなる訳です。
ですから開発ツールは、導入してみる価値があります。

 またWebアプリケーション開発ツールによっては、バグが発生しづらい状態にする事もできます。
なぜバグが発生するかというと、開発時と本番の環境の違いです。
開発を進める時と本番の環境は、たいていは大きく異なります。
ですから開発の段階では問題なくても、いざアプリケーションをリリースしてみると、様々なバグが発生してしまう事も多いです。
そのバグを修正するのは大変です。
ところが開発ツールによっては、「本番と同様の環境」で開発できます。
そのツールなら、バグの発生率も低くなる訳です。
せっかくWebアプリケーションをリリースしても、バグが多発してしまうのは困ります。
あまりにもバグが多いと、ユーザー離れの原因になってしまう事もあります。
しかしツールを使用すればバグを修正しやすくなりますし、発生する確率を低くできますので、導入している企業も多いです。

次の記事へ