大特集☆Webアプリケーション開発ツール

TOP > Webアプリケーション開発ツールとは > クラウド対応とオンプレミスのWebアプリケーション開発ツール

クラウド対応とオンプレミスのWebアプリケーション開発ツール

 Webアプリケーション開発ツールには、大ざっぱには2つの種類があります。
クラウド対応しているツールと、オンプレミスのタイプです。
後者は、「自社独自」のシステムとも言えます。
例えば自社サーバーもその1つです。
サーバーを自社で開発して、管理や運用している企業も少なくありません。
オンプレミスというのは、その自社サーバーも含めて、あらゆるシステムを1から自社で構築するタイプです。
それに対してクラウドは、Web接続した状態で利用できる各ツールです。
フリーメールも、クラウドサービスの1つです。
ネット接続可能な環境があれば良いので、多彩なOSやツールで利用できるのが特徴的です。
Webアプリケーション開発ツールを検討する際には、クラウド対応タイプとオンプレミス型のどちらが良いか、迷ってしまう事があります。

 クラウドに対応しているタイプは、2つのメリットがあります。
1つ目はコストです。
もう1つのオンプレミスというタイプに比べると、クラウド対応の開発ツールの料金は低めな傾向があります。
ですから予算が気になる時には、クラウド対応のツールがおすすめです。
それと環境構築に関するメリットがあります。
オンプレミスの場合は、色々な環境を構築していく必要があります。
自社システムを組み立てる必要がありますし、知識の問題もあります。
自社でシステムを構築するなら、かなり専門的な知識が必要な事も多く、ツールを導入するのは時間がかかります。
それに対してクラウド対応の開発ツールは、とてもスピーディーです。
最低限の機能は初期実装されていますから、スピーディーに開発を進めることができます。
スピードを重視するなら、クラウド対応のツールが推奨されます。

 しかしオンプレミスの開発ツールにも、様々なメリットがあります。
その1つはセキュリティー性です。
クラウドというシステムは、必ずWeb回線に接続する必要があります。
WEBに接続する以上、外部から悪意のある第三者が入り込んでくる可能性はあります。
それに対してオンプレミスは、オフライン環境で開発できます。
クラウドと比べると、安全に開発を進められる訳です。
それと機能性のメリットもあります。
確かにクラウド対応の開発ツールは、価格は低めです。
しかしクラウド対応の場合、機能が若干限定されてしまう場合があります。
開発に関する十分な機能が備わっていないので、作業に時間がかかってしまう事があります。
かえってオンプレミスの方が、機能が充実している事も多いです。
ですから安全性と機能性を重視したいなら、オンプレミスのWEB アプリケーション開発ツールがおすすめです。

次の記事へ