大特集☆Webアプリケーション開発ツール

Webアプリケーションの開発ツールを比較しよう

Webアプリケーションを利用してホームページ作成、SEO対策など様々なコンテンツを利用されている方も多いでしょう。しかし、これから導入しようと検討されている方は何から始めて良いのか分からない、と言う方も沢山いらっしゃいます。

そんな時に便利なのがこの比較サイトの利用です。開発ツールを提供している業者を分かりやすく比較しており、費用面は勿論、使いやすさやニーズに合わせたWebアプリケーションを簡単に探せます。特に初心者の方にとっては情報を一度に収集出来るので失敗するリスクを避ける事も出来るでしょう。

比較サイトを利用する事で情報を集めやすくなる他に、知識を身に付ける事が出来る事も魅力な点です。各開発ツールの費用相場が把握できるようになったり、業者ごとに行っているサービス内容のメリットやデメリットなども分かるようになってきます。

住友電工情報システム

Webアプリケーションを一から開発しようとすると、構想から実際のプログラミング、さらにテストなど非常に時間がかかります。住友電工情報システムが提供してくれる開発ツールは部品を組み立てるように開発ができるので、時間がかかりません。

Webアプリケーションの開発にはプログラム言語の知識など開発のための知識が必要になります。住友電工情報システムが提供する開発ツールではプログラム言語の知識は不要で、必要な機能を組み合わせていくだけで開発可能です。

Webアプリケーションを開発したいとき、どんな用途に使えるのか気になるかもしれません。住友電工情報システムの開発ツールはチーム内で利用するレベルのツールから、社内全体で利用する基幹系まで幅広く対応しています。

大塚商会

大塚商会では、事業のインフラに欠かせないIT機器やシステム導入までを行なうシステムインテグレーション事業に強みを持つと同時に、サービスとサポート事業も一貫して担ってくれます。導入前には、無料トライアルにより検討でき、ネットワーク環境の構築や改善が期待できます。

設計支援ツールとなるソフト選定から有効活用、保守や管理をアウトソースできるラクさがあります。また、大塚商会ではWebアプリケーションなどのソフトウェア品質のテストセンターを開設していたり、Web脆弱性診断サービスまでが提案され、企業サイトの安全性まで支援してくれます。

大塚商会では、様々なメーカーの製品やソフトを提案してくれます。また、複数の開発ツールでアジャイル型開発、訪問開発のサービスも開始し、実際のサポート事例、個別サポート内容について分かりやすく応えてもくれるなど、実績もあります。

フェンリル株式会社

フェンリル株式会社は、Webアプリケーションの開発ツールとして確かな実績があり、経験が豊富だからこそできる蓄積されたノウハウになっています。他のところでは実現させることができない仕上がりとなり、納得できます。

フェンリル株式会社では、企画から運用まで全てを一律して行なっていることにより、急な変更があった場合にも柔軟な対応になっています。スピーディーな対応というのはもちろん、仕上がりも納得の完成度にすることが可能です。

見た目も大事ですが、使い勝手がいかに良いのかが重要であり、それを知り尽くしているからこそ、デザインも良いものにすることができます。リサーチ力もあり、実績の詳細や開発規模など知りたいことは電話やメールでもすぐに対応してもらえます。

株式会社クロス・コミュニケーション

Webアプリケーションを開発してもらう依頼をするなら、株式会社クロス・コミュニケーションという専門業者に相談をすることをお勧めします。この業者は、システム開発ツールにおける経験と実績が豊富にあるため、依頼者ごとの要望に適切に対応してくれます。

企業ごとのシステム構築が終わった後も適宜アフターフォローをしてくれる点もうれしいことです。専門的な見地から的確なアドバイスをしてくれるので、最大限に業務効率化を進めることができます。初心者にも分かり易い説明が魅力です。

さらに、システム導入における初期費用や運用経費をかなり割安料金で提供してくれる点も魅力の一つです。高品質でありながら経済的なシステム導入を進めることができます。

日本コンピュータ・ダイナミクス

クラウドコンシェルジェサービスを提供する日本コンピュータ・ダイナミクスは、業務アプリケーション開発に利用されるWebアプリケーション開発に対応しています。様々なブラウザやフレームワークの利用、スマホやタブレット対応などのアプリケーションの開発まで、様々なニーズに日本コンピュータ・ダイナミクスでは応えており、そのサービスが評価されています。インフラやアプリケーションの組み合わせを検討し、導入から運用まで一貫して支援することも可能です。

日本コンピュータ・ダイナミクスの、超高速開発ツールを利用することで、システム開発に頼りすぎず、内製化を強めることも可能です。代行して業務のアウトソーシングや、システム開発の請負はもちろん、システム開発から保守までが自らできるよう支援してくれます。生成したソースコードも改変でき、保守性も高くなれば、内製化も可能、高速開発ツールを強力に支援してくれます。

障害があれば、復旧も24時間365日対応してくれます。日本コンピュータ・ダイナミクスの特徴は、監視にインフラ系エンジニアが対応する点です。障害監視から切り分け、高度障害発生時の外部への連携まで一貫して行うため、迅速で安心はもちろん、障害復旧対応まで含めたサービスとしては安価であるのも魅力です。

株式会社ソフトウェア・パートナー

顧客に対してアプローチをする業務ではCTI機能を必要とするときがあります。ただ適切なシステムを選ぶのは大変です。株式会社ソフトウェア・パートナーのWebアプリケーションの開発ツールでは自社で容易に開発して使えます。

販売を行ったときはそのための請求管理などの販売管理が必要になります。株式会社ソフトウェア・パートナーのWebアプリケーションを開発するツールであればCSVとの連携ができるアプリなどの開発が容易に行えます。

スマホやタブレットはパソコンよりも使い勝手が良いものの、専用のアプリを開発するのは大変です。株式会社ソフトウェア・パートナーはWebアプリケーションの開発ツールを提供していて、タブレットを活用した仕組みが簡単に作れます。

Webアプリケーション開発ツールを比較する基準と自動機能

Webアプリケーションを開発するのは、かなり期間を要してしまう場合があります。特に手作業による開発は、その傾向が顕著です。アプリケーションを開発するにしても、様々な作業工程があります。1つ1つの工程を確実に完了し、開発を進めていく訳です。1ヶ所でも誤りがあると、作業時間が長引いてしまう事もありますから、注意を要します。しかし手作業ですと、様々なミスも起こり得ます。それで日数が長引いてしまい、悩んでいる方々も少なくありません。しかし、それもWebアプリケーション開発ツールの性能に左右されます。ツールによっては、非常に便利な機能を完備している事があります。自動的に複雑な作業を実行してくれるツールも、中にはあります。「自動」システムがあるか否かは、開発ツールを比較する基準の1つになります。

自動実行してくれるツールの例は、いくつかあります。例えばパソコンで所定プログラムを開いて、所定の箇所をクリックしたいとします。しかし状況によっては、毎回同じ作業を繰り返している事があります。毎日同じプログラムを開いて、ほぼ同じ箇所を連日クリックしているケースも、珍しくありません。毎日同じ作業を繰り返すのも大変ですし、たまにクリックする箇所を間違えてしまう可能性もあります。ですがツールによっては、一連の動作を記憶させる事もできます。「プログラムを開く」のと「この場所をクリック」ことをツールに記憶させると、それを自動実行してくれる訳です。Webアプリケーション開発ツールにも、同じような機能が備わっている事があります。複雑な作業を、自動的に実行してくれる訳です。

現にある業者が開発したツールの場合は、アプリケーションを自動的に作成してくれる機能があります。しかも正確性も優れていて、一定の条件の下でミスなくアプリケーションを作成してくれます。自動的に生成してくれますから、とてもスピーディーです。手作業ですと、時間がかかってしまうケースは多々あります。作業の工程数が多かったり、人的ミスなどもあり、アプリ開発は長期化してしまう事もあります。しかし自動作成の機能があるツールなら、スピーディーに開発が完了する訳です。ただ「自動的」に作成するという機能は、全ての開発ツールに完備されている訳ではありません。それが完備済みの開発ツールもあれば、特に完備されていないツールもあります。効率良く開発したいなら、「自動機能が完備されているかどうか」に注目して、各ツールを比較してみると良いでしょう。