新しい医療の分野、メディカルアロマとは

アロマの良い香りに包まれていると、リラックスできてストレスも解消してくれます。このアロマは医療分野でも活用されており、薬や手術などの医療手段だけでなく人間本来がもつ自然治癒力を高める事を目的として期待されるようになりました。この様な医療をメディカルアロマといい、西洋医学の力だけでは治療できない分野などで需要が高まっており、心療内科や産婦人科、眼科、小児科など多くの医療機関で行われています。また、看護師や介護士さんへの精神面でのケアを目的として導入されるようになりました。アロマセラピーといえばエステサロンなどで行われているイメージが強いですが、メディカルアロマは、医療現場で施術される為、医学知識をもった看護師や理学療法士などが中心となっています。ストレス社会である現代社会においてはメディカルアロマテラピーの必要性は今後も重要視されるのではないでしょうか。

メディカルアロマの役割について

今世紀に入って、我が国の医療は目覚ましい発展を遂げています。その象徴ががんで、ハッキリと治る時代だと断言出来ます。一方で課題になっているのが、がん患者の精神的なケアです。手術には痛みがありますし、抗がん剤治療には激しい副作用が付き物です。せっかく治療が出来るのに、副作用が邪魔になるのはもったいないことです。そこで期待されているのが、メディカルアロマの役割です。この数年、メディカルアロマの注目が高まっています。病院においても、専門のスタッフを配置するところが増えています。患者の精神的なケアをすることで、治療実績が上がることが証明されているからです。私たちの日常生活でもそうですが、香りは心身の疲れを取り除いてリラックスさせてくれる存在です。マッサージや入浴と組み合わせることで、高い相乗効果が期待されています。

メディカルアロマとは

最近では、生活の日常にアロマを取り入れている人も多いです。アロマには癒しや治癒効果があると言われているので、興味を持つ人がだんだんと増えてきています。今では、アロマを使用して自然治癒力を高める、メディカルアロマというものがあります。これらは、美容やリラクゼーションの効果もあると言われている為、エステサロンでもアロマを使用している所が多く、女性にも非常に人気です。リラクゼーションの他にも、アロマを使用した治療が医療機関でも注目を集めており、精神疾患の症状や不眠症などがアロマで改善されるとされています。昔は、アロマを香りだけで楽しむ人も多かったのですが、このように治癒力の効果があることから、若い人からお年寄りまで幅広くアロマを使用している人も年々増えてきています。アロマはお家でも簡単に取り入れることができますので、これからも需要性が増えていくでしょう。