メディカルアロマの基礎的な知識

メディカルアロマの特徴は、人間が本来持っている自然治癒力を高めることです。発祥はフランスです。昔からヨーロッパではハーブと深い関係にあり、人々の生活に寄り添っていました。特にフランスやベルギーでは、医療として認められており、1930年頃に体系化されていました。ただ、日本に最初に入ってきたのは、医療としてではなく、植物の香りを利用したリラクゼーション効果を得るために用いられているイギリス式のものでした。そのため日本ではそのイギリス式の視点から利用されるアロマテラピーが主流になりました。それから1990年代に入り、心と身体に働きかけるアロマテラピーの効果の高さを認めた方々の呼びかけによって、日本でもアロマテラピーを医療の現場で活用する協会が設立されはじめました。一般的な区別は、アロマテラピーはイギリス式、メディカルアロマはフランス式とされています。メディカルアロマは現在では、様々な診療科目で活用されています。

メディカルアロマテラピーについて

メディカルアロマテラピーとは、ホリスティック医療に可能性を感じている医療関係者や協会認定の民間の資格者が、香りや薬理成分を含む精油が豊富な植物を使って、病気とは言われない段階の身体の不調を感じたときに、自分の身体の悩みの改善をさせるために使用します。病院に行くほどの症状は無く、ほんの少しの身体の不調に対して行ったり、健康維持目的で使用する事もあります。多少の身体の不調は、東洋では未病段階とも言われています。摂取する物や運動の他にも、身近な漢方薬やハーブを使用する事で症状の悪化を防ぐ役割もあります。注意点としては、ハーブや抽出した精油、生薬には副作用を持つ物もあります。自己判断で使用するのではなく、生薬であれば漢方を取り扱う薬剤師に相談したり、ハーブや精油であればアロマ関係の資格知識を持つ方に相談する事が大切です。

医療分野でも活用が広がる「メディカルアロマ」

ヨーロッパでは古くからハーブなどの薬草が研究され、活用されてきました。この研究の成果が今のアロマテラピーへとつながったわけですが、日本でも近年このアロマテラピーを医療現場で活用する「メディカルアロマ」が注目されています。何かの匂いを感じた時に「あ、いい香り」と気分が落ち着いたという経験は誰にでもあるものですが、たとえば女性特有の疾患である月経前症候群の際にアロマテラピーを用いて緊張症状を緩和させたりといった使われ方がされています。植物の精油とはいえ、医薬品なみに効果を発するものもあるアロマテラピーですが、わざわざ活用している病院を探すのも億劫なもの。自宅でできるケアを取り入れてみるのもお勧めです。気になる人も多い花粉症などのアレルギー症状、冷え、風邪の初期症状など、日常のちょっとした症状に絶大な威力を発揮してくれます。専門ショップも沢山ありますので、忙しくて病院に行く暇はないけど気になる症状がある、という人は始めてみるのもよいのではないでしょうか。

新宿御苑のすぐ近く。 授業は毎日10時~22時まで開講しています。 アロマだけでなくハーブの2大資格取得も目指せます。 リップクリーム、バスボム、クレイパック作り等、どなたでも参加可能な1dayレッスンを毎月開催! 白を基調とした癒しの空間と充実の教室数。 趣味の方向けカルチャーコース58,000円~。 メールでのお問い合わせは24時間受付中です。 人気のメディカルアロマを学ぼう!